VagrantでNode.jsの開発環境を整える

かなり久しぶりの更新になりました。
今回はPHPから離れてMacでVagrantを使って、Node.jsの開発環境構築についてです。

前提条件

  • Mac OS X Yosemite(10.10.5)
  • Homebrew Caskがインストールされていること

Homebrewについてはこちらを参照してください。

Vagrant、VirtualBoxのインストール

VirtualBoxのインストール

$ brew cask install virtualbox

Vagrantのインストール

$ brew cask install vagrant

Vagrantの起動/設定

初期化

$ vagrant init

初期化すると現在のディレクトリにVagrantfileが作成されます。

設定変更

Vagrantfileを編集し、boxの設定をします。今回はcentos6で環境を構築します。

$ vi Vagrantfile

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# All Vagrant configuration is done below. The "2" in Vagrant.configure
# configures the configuration version (we support older styles for
# backwards compatibility). Please don't change it unless you know what
# you're doing.
Vagrant.configure(2) do |config|
  # The most common configuration options are documented and commented below.
  # For a complete reference, please see the online documentation at
  # https://docs.vagrantup.com.

  # Every Vagrant development environment requires a box. You can search for
  # boxes at https://atlas.hashicorp.com/search.
  config.vm.box = "puphpet/centos65-x64" ←centos6に変更

  # Disable automatic box update checking. If you disable this, then
  # boxes will only be checked for updates when the user runs
  # `vagrant box outdated`. This is not recommended.
  # config.vm.box_check_update = false

  # Create a forwarded port mapping which allows access to a specific port
  # within the machine from a port on the host machine. In the example below,
  # accessing "localhost:8080" will access port 80 on the guest machine.
  # config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080

  # Create a private network, which allows host-only access to the machine
  # using a specific IP.
  # config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

  # Create a public network, which generally matched to bridged network.
  # Bridged networks make the machine appear as another physical device on
  # your network.
  # config.vm.network "public_network"

  # Share an additional folder to the guest VM. The first argument is
  # the path on the host to the actual folder. The second argument is
  # the path on the guest to mount the folder. And the optional third
  # argument is a set of non-required options.
  # config.vm.synced_folder "../data", "/vagrant_data"

  # Provider-specific configuration so you can fine-tune various
  # backing providers for Vagrant. These expose provider-specific options.
  # Example for VirtualBox:
  #
  # config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
  #   # Display the VirtualBox GUI when booting the machine
  #   vb.gui = true
  #
  #   # Customize the amount of memory on the VM:
  #   vb.memory = "1024"
  # end
  #
  # View the documentation for the provider you are using for more
  # information on available options.

  # Define a Vagrant Push strategy for pushing to Atlas. Other push strategies
  # such as FTP and Heroku are also available. See the documentation at
  # https://docs.vagrantup.com/v2/push/atlas.html for more information.
  # config.push.define "atlas" do |push|
  #   push.app = "YOUR_ATLAS_USERNAME/YOUR_APPLICATION_NAME"
  # end

  # Enable provisioning with a shell script. Additional provisioners such as
  # Puppet, Chef, Ansible, Salt, and Docker are also available. Please see the
  # documentation for more information about their specific syntax and use.
  # config.vm.provision "shell", inline: <<-SHELL
  #   sudo apt-get update
  #   sudo apt-get install -y apache2
  # SHELL
end

起動

Vagrantfileを変更したら、Vagrantを起動します。

$ vagrant up

初回起動時のみboxのダウンロードがあるので少し時間がかかりますが、2回目以降からはすぐに起動するようになります。

SSH接続

Vagrantで起動した仮想環境にSSHで接続します。

$ vagrant ssh
Last login: Sat Apr 16 13:14:02 2016 from 10.0.2.2
----------------------------------------------------------------
  CentOS 6.7                                  built 2015-12-01
----------------------------------------------------------------

Macだとvagrant sshコマンドを叩けばsshで接続されますが、Windowsのコマンドプロンプトではssh接続情報が表示されるので、Tera Term、PuTTYなどのsshクライアントで接続する必要があります。その際のユーザ名、パスワードは下記の通りです。

ユーザ名vagrant
パスワードvagrant

Vagrantのその他の設定

今回は使わないが、よく使うVagrantの設定を簡単に紹介します。

ポートフォワード

VirtualBoxでもポートフォワードはできますが、VagrantではVagrantfileに設定を記述するだけで、ポートフォワードができます。

config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080

上記の設定ではホストマシンの8080番ポートをゲストマシンの80番ポートにポートフォワードしています。
つまりlocalhost:8080でブラウザからゲストマシンのwebページ(80番ポート)にアクセスできるようになります。

ディレクトリの同期

Vagrantではホストマシンのディレクトリと、ゲストマシンのディレクトリを同期することができます。
デフォルトではホストマシンのホームディレクトリと、ゲストマシンの/vagrantディレクトリが同期されます。
同期するディレクトリを変更したい場合はVagrantfileに記述します。

config.vm.synced_folder "../data", "/vagrant_data"

例えばホストマシンのworkspaceディレクトリと、ゲストマシンの/var/wwwを同期する場合は下記のようになります。

config.vm.synced_folder "/path/to/workspace", "/var/www"

Node.jsのインストール

nvmのインストール

今回はnvmでNode.jsをインストールします。
nvmとはNode.jsのバージョンを簡単に管理するもの(Node Version Managerの略)です。
Node.jsはVagrantの仮想環境にインストールします。
nvmをインストールするにはホームディレクトリで下記コマンドを実行します。

$ curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.31.0/install.sh | bash

インストールが完了したらパスを通します。今回は~/.bashrcに追記しました。

$ vi ~/.bashrc

# .bashrc

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
        . /etc/bashrc
fi

# User specific aliases and functions

export NVM_DIR="/home/vagrant/.nvm"
[ -s "$NVM_DIR/nvm.sh" ] && . "$NVM_DIR/nvm.sh"  # This loads nvm

追記したらsourceコマンドで反映します。

$ source ~/.bashrc

反映後、バージョンが表示されれば、nvmのインストールは完了です。

$ nvm --version
0.31.0

Node.jsのインストール

nvmでインストールできるNode.jsのバージョン一覧を確認します。

$ nvm ls-remote

今回はv0.12.13をインストールします。

$ nvm install v0.12.13

インストールしたらバージョンを確認します。

$ node -v
v0.12.13

これでNode.jsのインストールは完了です。

Hello world!

ホストマシンとゲストマシンのディレクトリを同期しているので、ホストマシンでコーディングし、ゲストマシンで動作確認ができます。
まず、ホストマシンでhelloworld.jsを作成します。

// helloworld.js
console.log("Hello world!");

ホストマシンで作成したhelloworld.jsをゲストマシンで実行します。

$ node /path/to/helloworld.js
Hello world!

以上、「VagrantでNode.jsの開発環境を整える」でした。

関連記事

コメント